新発見!!! 中国南部でも透かし模様加工用の石器ビータ

発見増える!! 透かし模様water-mark用の石器ビータ

  服飾史の知見では、古代世界では布や樹皮に「模様を描く」「図柄をプリントする」「織って模様を入れる」というような、全て“反射光”で模様を認識するものであった。
  ところが、最近の調査研究によって、新石器時代頃に、現代の高度な偽札偽造防止用などで知られる”透過光“で認識するという「透かし模様water-mark」がすでに発想され、使われていた痕跡が世界各地で見つかってきた。

  古代メキシコ(Mexico)、中部スラウェシ(Indonesia)での報告事例に続き、最新情報ではマカオ近くの中国南部の遺跡からも発見!!のニュース。
  実見したところ、メキシコ、スラウェシ同様に、石器にラタンなどで取っ手(handle)をつけられる溝が石器周囲に刻まれており、明らかに「打ち叩く」用途であったことが確認できる。4000年前頃の出土品との事。新発見の中国の模様も、一般的な樹皮を打解するためのものではなく、神秘的な透かし模様を樹皮の表面に最終段階で加工するためのものとみられる(画像参照)。f0148999_12272482.jpg


  新発見の不思議な模様の石器表面には、さらに不思議な「赤い顔料」が丁寧に筋状に塗られており、何かの聖なる儀式に使われた様相が推測できる。

  次々と、透過光でしか認識できないような高度な透かし模様技法が、メキシコ、インドネシア、中国南部で報告されるようになり、他の地域での報告事例が増えていくことが期待される。
  特に、樹皮表面に透過光でしか確認できないような透かし模様を加工するには、使用する樹種がカジノキ(Broussonetia papyrifera vent.)のような樹皮が白くて扱いやすいものでなければならず、カジノキのように世界各地に運ばれ拡散していった樹種のDNA分析などによる調査研究成果が期待される。
[PR]

by PHILIA-kyoto | 2012-05-30 12:36 | オーストロネシアン研究  

<< インドネシア・ジャカルタでの樹皮紙展 プラムポックス・ウイルス災害に... >>