ジャカルタでのDaluang/ Wayang beber 勉強会(IHA-NSG主催)

Indonesian Heritage Association 夜の勉強会 案内(一般参加可/要事前申込)
                       
 f0148999_10554178.jpg                                
  国際交流基金アジアセンター長期フェローとして5月までインドネシアに滞在中の坂本勇氏のBeaten Bark(樹皮布/樹皮紙)についての、最新の調査研究報告。貴重なワヤンベベルの2006年撮影のビデオ上映もあり。
  また、今年の1月から4月までクロアチアの首都ザグレブの民族学博物館でワヤンベベルをテーマとした展覧会が2人の若い文化人類学徒の昨年のフイールド調査を基に開催されました。その報告及び今後のインドネシア内外でのワヤンベベルの理解と保護を目的とした諸活動についての若い世代からの報告もあり。                                                                                                                                              


[PR]

by PHILIA-kyoto | 2017-04-21 11:15  

<< 投稿を休んでいた1年をレビュー ホントに石器ビータは「透かしw... >>