ワヤンベベル絵巻保全支援活動リーフレット

2018年7月インドネシアで開催されたパンジーフェスティバル行事で配布されたリーフレット(英語版)

  ポノロゴ紙を用いて昔々に作られたワヤンベベル絵巻は、絵巻の背後から光を照らして透過すると、漉けるような約0.07mmの薄さを確認できる。リーフレットの上部の背景画像は、透過光で見た約1mm格子状のビータ―の痕跡です。国際交流基金アジアセンター助成で行われている事業であることや日本の支援内容が書かれています。インドネシア語版も配布されていた。
f0148999_09515484.jpg

*リーフレットで紹介された内容などが、KOMPASIANAの以下のURLDjuliantoSusantio により「PelestarianWayang Beber Jawa Dibantu Jepang dan Kroasia」と題して投稿が載った。

https://www.kompasiana.com/djuliantosusantio/5b4695faab12ae251010deb2/pelestarian-wayang-beber-jawa-dibantu-jepang-dan-kroasia




[PR]

by PHILIA-kyoto | 2018-08-19 10:10 | ワヤン・ベベル  

<< 樹皮紙製絵巻Wayang Be... 正倉院の紙より古い起源のポノロ... >>