歴史上初めて樹皮紙絵巻Wayang Beberの製作時期が明らかに

歴史上初めて樹皮紙絵巻Wayang Beberの製作時期が科学的に明らかに !!

  今では世界に3か所しか現存が知られていないカジノキ樹皮を用いた絵巻Wayang beberの製作時期について、諸説が出されてきた。最近では、クロアチアの2人の文化人類学者が以下のような見解を出していた。
  「歴史家ラデン・マス・サイドによると、パチタンの6巻から成るジョコ・クンバン・クニンの物語の絵巻ワヤンベベルは、17世紀末に Sunan Mangkurat II王により注文され製作された。そしてウォノサリの絵巻ワヤンベベルは、Sunan Paku Buwono II王の下で18世紀初めに製作された」と。そして現在の2つの村に継承されるに至った経緯が、膨大な先行調査研究の文献や史料を読み込みインタビューを行い、たどりついた成果として記された。

  それらの先行文献調査研究に対し、日本側の保存修復支援チームでは科学調査研究の実現に尽力してきた。

  この時点で、放射性炭素年代測定法を用い明らかになった事をテスト値であるがお知らせしておく。世界の異なる2か所からの試料は、ほぼ似た14-17世紀の製作時期を示した。これまで、科学的根拠に欠くWayang Beber製作時期の調査研究しか無かったのに対し、やっと放射性炭素年代測定結果に基づくデータが得られたのだ。
  夢のようであり画期的なことだ。 以下は、テスト値と同時に公表された説明である。
  Radiocarbon dating of the beaten bark cloth/papermaterials as Tapa was conducted at Laboratory of Radiocarbon dating,The University Museum, The University of Tokyo (LRD.UMUT). Thesamples were treated with ultrasonic cleaning and Acid-Base-Acidmethod for removing contaminants, and then converted to graphitetargets using a graphite preparation system at LRD.UMUT. Since recent accelerator mass spectrometry are measurable from 1 mg to 0.1 mg of graphite, age determination of minimal sample fragments is possible. Trial experimental results fell into the range of the 14th-17th century AD.
f0148999_18170406.jpg

  日本側の数人の努力で樹皮紙Beaten Bark素材のDNA分析や放射性炭素年代測定が実施されてきた。今後、実施事例が増え、学術調査研究が本格化していくことが願われる。

<画像は、厚さ0.07mmほどの透けるような樹皮紙Beaten barkを用いたWayang Beber絵巻>

  さらに測定データの誤差が縮まると思われる本測定の結果は、以下の機関により2018年12月7日にロンドンのKew植物園で開催される「Conservation of Barkcloth Material:One day symposium on the conservation of barkcloth from any part of the world 」で報告される予定である。乞うご期待!!
Arts & Humanities Research Council University of Glasgow Royal Botanic Gardens, Kew Smithsonian Institution National Museum of Natural History
**本投稿のレイアウト等を、2018年9月23日15:30に変更した。」
  


[PR]

by PHILIA-kyoto | 2018-09-22 18:18 | ワヤン・ベベル  

<< Palu被災現地レポート2018 ① 樹皮紙製絵巻Wayang Be... >>