Palu被災現地レポート2018 ①

Palu湾津波Bomba Taluのこと

  津波被災地パルに来て最初に驚いたのは、津波は外海からではなく湾の中央付近(南端から約25km付近)で盛り上がって、周辺、そして南北に高まり押し寄せていったという説明にだ。
  現地Kaili語で津波のことをBombaTaluと言い、その意味は「three wave 3度の波」で、今回地震発生から5分位で第一波が押し寄せ、第二波、第三波の間隔も5分程だったと南端部にいた人は語る。
  海岸沿いに社屋のあるRadar Sulteng新聞社の女性記者は、地震時に社で仕事をしていた。地震直後に停電し、海の方から大きな航空機の騒音のような音が聴こえ、鳥達がバタバタと飛び立つ異常に気づき、すぐに暗闇の中で机の上に置いていた携帯を手探りで探し、裏山に走って逃げて間一髪で助かった。
  湾の中央付近で盛り上がって発生した津波の様子を、離陸直後のBatik航空のパイロットが撮影しておりYoutubeで見られる。
  これまで抱いていた津波のイメージとまったく違った様相のパル湾大津波は、Masjid Tua Waniモスクの目前で起こり、下の画像のように周辺家屋は損壊・消失したが、モスクは奇跡的に残った。 モスク内部は美しく、現在も使われている。
f0148999_04244198.jpg
  本務の博物館の地震被災コレクションや被災デジタルサーバー等のことは順次報告していきたい。Pengawuにて《Senior Paper Conservator Sakamoto》

*本稿は2018.10.23JKTにてタイトル変更、画像追加を行った。

[PR]

by PHILIA-kyoto | 2018-10-16 05:58 | 中部スラウェシ地震・津波・液状化災害20  

<< Palu被災現地レポート2018 ② 歴史上初めて樹皮紙絵巻Waya... >>