カテゴリ:乞巧奠とカジノキ( 2 )

 

正倉院展と乞巧奠(きっこうてん)

正倉院展(第67回)の目玉のひとつとなった乞巧奠(きっこうてん)

  2015年秋開催の第67回正倉院展では、すでに奈良時代の聖武天皇の時代に天皇家でも執り行われていた七夕行事である「乞巧奠(きっこうてん)」の儀式に使用された9点が出陳されていた。内訳は、銀針2本、銅針1本、鉄針2本(うち1本には赤色縷断片つき)、緑麻紙針裏、それぞれ巻いた赤色縷(赤い縫い糸)、白色縷、黄色縷という構成であった。収蔵倉はいずれも正倉院南倉である。
  今回の展示で、奈良時代の乞巧奠(きっこうてん)においては、織布が広く普及しており、糸と針が儀式で供えられていた点が強調されているようであった。

  以前の2007年8月22日付の当ブログで「冷泉家と乞巧奠(きっこうてん)」という記事を載せ「乞巧奠(きっこうてん)儀式で重視されるカジノキ」についての考察を行った。
  その後の目覚ましい進展はなく、織物文化が普及した中で、「南方圏で神聖な白い樹皮布Beaten Barkの原料として世界に伝播したカジノキの葉っぱが、なぜ日本の乞巧奠で最も重要な場面で使われるのか?」「江戸時代になっても、なぜ七夕の飾りに大きなカジノキの葉っぱが根強く用いられるのか?」等などの謎は解けていない。
  また、白妙、幣、木綿(ゆふ)、あるいは日本の正月飾りやメキシコなどに見られるシャーマンの「切り紙」の古形は、南方のタパのような叩きのばした樹皮紙/布Beaten Barkではなかったのか?という問いと共に未解決である。
  
  一方、カジノキ自体についての関心は内外で高まってきた。
オーストロネシア語族とカジノキ(Paper Mulberry)の伝播の関係性に着目し、太平洋をはさんだ世界各地から採集したカジノキのDNAを比較した挑戦的な本として、例えば以下の学術書がある。
書名:A holistic picture of Austronesian migrations revealed by phylogeography of Pacific paper mulberry.共著者:Chi-Shan Chang, Hsiao-Lei Liu, Ximena Moncada, Andrea Seelenfreund, Daniela Seelenfreund, and Kuo-Fang Chung. PNAS. published 5 October 2015
  国内各地でも、大阪四天王寺、奈良国立博物館、諏訪大社などカジノキを植える場所が増えている。福井県越前においては、カジノキを植栽し、人間国宝の岩野市兵衛氏がカジノキを原料とする和紙を漉く活動も盛んになってきた。

  世界の人々を今も惹きつけるカジノキ。不思議な木である。
[PR]

by PHILIA-kyoto | 2015-11-04 15:13 | 乞巧奠とカジノキ  

カジノキKazinoki に想う

京都・祇園祭にひと息

  今年は4月中旬から3か月間、東日本大震災で津波の泥と海水を被った大量の国の機関の重要バイタル・レコードの復旧作業に従事し、休息のない日々だった。
  やっと作業の合間に祇園祭を見に行くことができた。
f0148999_184816.jpg
いつもながら、のんびりできる三条の素夢子で韓国菓子と濃厚なゆず茶を満喫した。

  ブロッグをなかなか更新できないでいるが、「古代之風」http://kaze.world.coocan.jp  というHPの内容に、最近、心を揺すぶられることもあった。東アジアでの「乞巧奠」に深くかかわるカジノキ。その根幹のなかに、何かオーストロネシア語族に共通する「樹皮紙文化」の痕跡が色濃く沈み込んでいるように思える。国内の遺跡からのカジノキの実の出土報告が正しければ、おそらく縄文後期頃に、その文化や産物は南方から日本にもたらされたのだろうが…。
  だが、それらに関する総合的な調査・研究は、国内的にも国際的にも手がつけられておらず、ひっそりと歴史の中に埋もれている気がしている。
  『民族芸術』27号(2011年3月発行)に「新石器時代に世界に伝播した樹皮布/樹皮紙」という論文が掲載されているが、これまでのすぐれた先人たちの調査研究を集成し、新たな調査研究の視点やデータを加えたロマンあふれる「カジノキ」にまつわる伝承、事実を開拓していく営みを期待している。f0148999_1851314.jpg

  なお、平安時代頃から現代に至る京都には、「カジノキ」にまつわる歴史的事象や痕跡が多々見つかるのだが、奈良・平城京時期におけるカジノキの痕跡は未だ報告されていない。


東日本大震災から4か月

  あれから4か月が経ち、文化庁の東日本大震災被災文化遺産レスキュー事業に従事する各国立博物館職員や、被災地支援に派遣される国立国会図書館、国立公文書館などの職員の数は増えてきた。彼らが、「出張」として税金で交通費、滞在費、日当などが賄われ被災地に出かける一方で、自分の休暇を使い、交通費、滞在費などすべて自己負担でレスキュー活動ボランティアとして参加せざるを得ない現状に違和感を感じている。(ボランティアにお金を渡せば済むことではなく、被災地支援で何を大事に考え、どのように血の通った被災地支援を拡充していくか、という基本的なところに、現状では課題があるように考える。)

  広大なエリアにまたがる東日本大震災という「スーパー広域災害」に、これからどのような体制で、官民連携した復旧、復興支援がなされていくのか?
  阪神淡路大震災で残された「過去の事例」を安直に学び踏襲するのではなく、今次の巨大災害の実情にマッチした斬新な発想、後世に役立つ事績を残すことを期待したい。

  そして、興味深いことだが、被災地支援の様相に関東・関西勢それぞれの土地柄を感じるが、東京被災文書救援隊などの提供している作業マニュアルを見ながら、愕然としている。戦場のような状況の世界各地の被災地で活動してきた印象からは、被災地ですぐに手に入れることが難しい資機材名が並び、外国語の氾濫する高邁な作業マニュアルよりも、簡便で、かつ実践的な作業マニュアルの方が役立つ、とする庶民的な関西勢に親近感をもつ。今後、関西の専門的な方々が、今次の災害支援に参画した経験から、関東勢には思い描けない実践マニュアルを提供していくことに期待したい。

  明日は奈良から東北に移動だ。
[PR]

by PHILIA-kyoto | 2011-07-16 18:53 | 乞巧奠とカジノキ