カテゴリ:危機管理と災害( 5 )

 

インドネシア・バドゥイの伝統的危機管理

バドゥイ(Baduy Luar)と災害対策

  阪神淡路大震災から20年の節目の日にインドネシアに滞在していることから、インドネシアの「伝統的な災害対策の知恵」を取り上げたい。

  紹介するのは、ジャワ島西南部の山間部で、いまだ電気も学校もなく、様々な文明の利便性を受容せず、ひっそりと暮らすバドゥイの村々である。移動手段は「徒歩」だけで、馬も使わず何日も歩いて目的地に向かう。
  村々の各所にユニークと思えるアイデアが目に飛び込んでくるが、感動したのは、急流にかかる「かずら橋」<画像参照>で、“生きたかずら(蔦)”を上手に使用した、今風に言えば「持続可能な橋sustainable bridge」とでも言える、自然素材だけをうまく利用したものだ。橋を歩きながら橋のフレームを見ると新芽があちこちか出ている。すでに150年以上使い続けていると古老たちは言う。
f0148999_17752.jpg


  そんな、近代文明の利便性を拒否した村の暮らしは、意外や活気があり陽気である。

  危機管理の観点から一番注目したのは、バドゥイのどこの村でも、火を使う居住エリアから2-300mほど離れた場所に「米蔵」群<画像参照>を配置していることだ。村人たちの説明にもあるように、大火に見舞われても、生命を維持する食糧米を守ることが出来る。f0148999_177485.jpg
  災害のリスクを避けるために生み出された、危機管理の模範的な形だ。きっと過去に、大火に見舞われ食料が欠乏し、苦境に直面したことが学習され、このような分離する配置を全域で守るようになったのかもしれない。残念ながら村の指導者(村長)に尋ねても、分離した配置にした経緯を示す伝承も記録もないという。 

  だが、バドゥイの村々にも徐々に世俗化の波は浸透しつつあるようで、バドゥイへの入り口となる境界地域の集落では、宅地用に開ける森が無くなってきて、区画を離していた米蔵群に隣接して、新規住宅が建築を許されるようになってきた。

  様々な規範や観念があるものの、日本人が考えるのとは違って、自由に流れるように自由闊達に暮らしていくのが、インドネシア流なのかもしれない。
  
  「防災」ということが、肥大化し絶対化し続けていくならば、時として南国のルーズな暮らしや価値観に目を向け、耳を傾けることも必要かもしれない。
[PR]

by PHILIA-kyoto | 2015-01-18 17:10 | 危機管理と災害  

情報洪水の中の情報欠如

世界の至宝である文化財、文化遺産が次々と失われていく !!

  グーグルとヤフーの日本語検索は、日本国内で話題となっていること、関心あることの一つのバロメーターとなるだろう。
  だが、例えばオランダ人修復家が運営するCulture in Developmentという民間web情報には、世界で貴重な文化財、遺跡など歴史の息吹が伝わる文化・歴史遺産が、猛烈な勢いで地域紛争や武力衝突あるいは戦争で破壊され、消滅していく現状と保護活動を載せているが、日本語検索では、ヒットしない情報が多い。(http://www.cultureindevelopment.nl/)

  エジプトの古代遺跡の発掘や保護に協力する日本人は数多く、JICA、東京文化財研究所、大学などの支援もよく知られる。また、カイロの国立博物館やピラミッドを観光で訪れる邦人も多い。だが、日本が東日本大震災の惨状に打ちのめされた同年12月18日のこと。有名なナポレオン・ボナパルトにより1798年に創設されたエジプト科学研究所(Scientific Institute of Egypt)が、「アラブの春」民衆革命の最中に火が放たれ炎上。20万点以上の貴重な文献、古文書類の大半が焼失。わずかに3万5千点ほどが焼けこげたりしたものの救出されたと伝えられる。
f0148999_12533143.jpg

<画像説明は、A worker displays pages from the ancient document “Le Description de L’Egypt” salvaged from the ruins of the Scientific Institute near Tahrir Square in Cairoとあった。>

  しかし、日本語検索では、この惨劇を含む世界の紛争地域で、何千年の歴史を生き延びてきた文化財、遺跡などが巨大自然災害のように襲う人為的な武力紛争の狭間で、壊滅的な破壊を蒙っている実態とその危機に立ち向かう献身的な人々の姿は伝わってこない。

  ほんの僅かな断片的情報が、2013年8月14-15日に発生したエジプト・マラウイ国立博物館の大規模略奪(収蔵品1089点の内1040点が盗まれた)のように日本語メディアで報道されるだけだ。
「情報洪水の中での、有益(必要)情報の欠如」と言えるだろう。

  世界の武力紛争地域における人類の至宝とされる文化財、文化遺産の被害の実態と、それに対する活動が、従事する人々の生命の危険を伴うことから、公的な機関、団体が参画に二の足を踏み、必然的に情報や有効な手立てが少なくなる。

  日本の世界遺産登録などで熱狂的になる頭を少し冷やして、増加する世界の武力紛争や巨大災害から、如何に人類の至宝の文化財、文化・歴史遺産を救済し、保護していくか、官民の力を合わせた情報共有と取り組みが願われる。
[PR]

by PHILIA-kyoto | 2013-08-23 13:00 | 危機管理と災害  

東北・関東大震災 被災地にて

被災地の”デジタル媒体”に気をつけて!!

  2011年3月21日深夜に、名神、北陸道、磐越、東北道を通って三春町でブルーシートなどを降ろし、仙台に入った。

  まず、確認したかったことは、阪神大震災、アチェの時にはマイナーだった「デジタル媒体」の被災現状と「津波の塩分目安」であった。

  スマトラ大津波の際のアチェでは、津波襲来の1ヶ月後頃には、街路や墓地の緑の並木は、巨木を除き、完全に茶褐色になって枯れてしまっていた。津波の塩分に起因すると考えられた。
  宮城県蒲生地区、荒浜地区、亘理地区などの若木の松や生垣は、依然として緑色を保っていた。これから、枯れ始めるのだろうか?

  今次の被災現地では、紙製の思い出の卒業証書、写真アルバム、絵画などが、自衛隊や地域の人々により、探され救出がなされている。そのことはTV、新聞報道からもわかる。
  だが、今は主流となった記録用デジタル媒体のことは、注意を喚起しないと目立たないで埋もれてしまう、と心配された。

  津波で大破した公的機関の行政文書、企業の業務データ、弁護士など専門職の業務記録、商店の商取引記録、学術機関の調査研究データ、個々人の思い出の記録写真と映像。これらの多くが”デジタル媒体”で作成され、保存されていたと想定される。

  アチェでの苦い経験からは、デジタル媒体は、津波で水損した場合、「1.起動して作動テストをしてはならない」「2.真水で軽く洗い流す」「3.乾燥させない(濡れたタオルなどで包んでおく)」「4.凍結乾燥を行ってはならない」「5.濡れた状態で、速やかにデジタルデータ復旧専門会社に復旧を相談する」。
  詳しいことは、世界企業オントラックなどのホーム頁で確認してほしい。

  デジタル媒体の場合、紙や写真より、迅速な救助処置が必要とされる。

被災地に湯気の立ち上る"食べ物屋台"を届けよう!!

  被災地は、まだまだ寒い。昨日も水溜りが凍っていた。雪がちらついていた。

  冷たいおにぎり、ペットボトルのお茶で飢えをしのげるが、そろそろ身体が拒絶反応を始めてきている。

湯気の出る食べ物が食べたい。 おでんや豚饅、フランクフルト。あるいは屋台のたこ焼きや回転焼き。お祭りに出ていた、屋台が被災各地に繰り出し、ONEコインで楽しく胃袋を満足させることができたら、どんなに元気が出るだろう。雰囲気が明るくなることだろう。
  みんなで「湯気の出る食べ物屋台」を被災地各地(特に、物資の欠乏している地域を優先して)へ届けられないだろうか?

  阪神淡路では、南京町などで小さな発泡スチロールのどんぶりでラーメンや水餃子が安価で配られていて、暖かくうれしかった。 アチェでは、名物のピサンゴレン(バナナのてんぷら)が大きな油なべでフライされ、見ていて楽しく美味しかった。
  東北・関東被災地域では、何がこれから始まるのだろう? 被災した大勢の方々に隅々まで届けられる屋台の味を期待したい。企業の社会的貢献も、多様なはずである。

  震える寒さの被災地亘理にて
[PR]

by PHILIA-kyoto | 2011-03-25 18:15 | 危機管理と災害  

災害対策に新しい発想と取組みを!!

表層対応に終始する日本の危機管理と災害対策

  災害大国と世界的に指摘される「日本」だが、そろそろ付焼刃のバラバラ対応を見直す必要がある。

大きな枠組みに関しては、現在の人命救助と最低限の生活支援を主とする「公的災害救助機関」、そして善意の塊の「ボランティア集団」の2極化では限界がある。失われるものが大きく、多すぎる。
  世界を見回せば、「公的災害救助機関」と「ボランティア」の狭間を充たす『災害復旧支援会社』が世界的規模で数社ある。BELFOR、BMS-CAT、Muntersなどである。これらの災害復旧支援会社が良質な様々なサービスを展開し、さらに及び腰の日本の保険業界が、災害復旧支援会社のサービスを受けやすくする、災害時に困らない応急処置・復旧対応型「保険商品、制度」を構築していくと、災害後に苦しむ人々、人生を狂わせる人々や企業などは、大幅に減少する。
  
  それと、今後「災害の被害形態が変化していく」兆候がみられる。都市も山村も、突然のゲリラ型豪雨に襲われ、「予想を大きく超えた災害」に直面することが増えそうだ。台湾南部の深層土砂崩れ、マドゥラ島の土砂崩れなどの事例は、明日の日本の惨状を予想させる。
  もっと、「自然」「山野」「森」などを「守り、大切にする」取組みを増やさないと、巨大なスケールでの災害、これまでの土木防災対策を超える事象に振り回されることが心配される。
  世界的に増えてきた「自然の学校Sekolah Alam」「デンマークにルーツがある森の幼稚園」などを通して、未来を担う子供達と大人が協働し、大地を災害から守っていく意識を涵養していくことを、社会が支援していく必要を感じる。

  変な風潮となってきた「エコ」「環境対策」では、巨大化する自然災害に遅れを取るだろう。
[PR]

by PHILIA-kyoto | 2010-07-17 11:14 | 危機管理と災害  

新型インフルエンザの拡大

危機管理の落第生「日本」

1.失策を繰り返す日本政府の危機管理
  久しぶりに、危機管理に関し掲載する。
  メキシコ帰りの当事者として、日本政府の危機管理指導能力は「落第」であり、「強毒型インフルエンザ発生時には振り回される」危惧を指摘せざるを得ない。
  まず今回の事例では、
①「虚構の水際防疫体制」を最初の段階で始めたこと。
  メキシコなどでの初期の豚インフルエンザ発症時期に、大勢の日本人遺跡ツアー観光客などがメキシコやアメリカから日本に帰国しており、日本政府の「水際防疫」開始前に「感染を疑われる人々」は防疫の網にかからず「入国し、通勤し、通学し、大勢の人々と接触を行ってしまっている」事実だ。強毒型インフルエンザの場合でも、短時間で世界を移動できる現状ではWHOやCDCが感染を発表する前に日本を含む各国に「入国」してしまう公算が高い。だが、日本政府は巨額の税金を投入し無駄な「虚構の水際防疫作戦」を展開。

②日本政府のみならず、マスコミや研究者の無力さ。
  この弱毒性の新型インフルエンザは、今後の強毒型の新型インフルエンザ発生時の「実戦訓練」と位置づければ、もっと賢明な「論議」や「次への備え」が可能なはずだが、そのような「先を読んだ取り組み」は日本政府にもテレビや新聞にも出てこない。
  折角の「新型インフルエンザ」の発生を機に、「適切」で「現実型」の危機管理体制を社会に準備、構築すべきであるのに、手抜きや骨抜きの「目先の問題解決」ばかりに終始してしまった場合の、先の「ツケ」は「人命」で対価を払わなければならなくなる。
  「危機管理」とは本来、社会機能、経済体制を非常時に「ストップさせず、維持する」ことに目的があるはずだのに、日本政府の危機管理は「混乱を無策で拡大する」「被害を増やす」方向に舵を切る恐れが強い。
  「先を読む危機管理頭脳集団」が弱いか不在なのだろう。

2.致死率の高い強毒性新型インフルエンザに混乱しない日本に!!
  これまでの研究知見からは、新型インフルエンザH5N1型が人から人に感染が始まった場合は、その猛威で多数の死者が出たり、社会機能の混乱が未曾有のものになる予測を公表している。
  今回のような局地的な弱毒性新型インフルエンザ発生でさえ、混乱しゴタゴタが広がる日本の様相では、強毒型新型インフルエンザの短期間での全国的大発生時には、どんな惨状となるのだろうか? 

  それには、中央集権的な「上意下達」式の後手後手の巨大体制をメインにするよりも、企業、学校、地域、家庭レベルで日常機能を維持できる「セル単位」での危機対応型の戦略と備蓄、維持体制の構築に力をシフトすべきではなかろうか。当然、国家としての機能維持や財政負担などの下での危機管理体制であるが、移動の制約が大きい猛毒型新型インフルエンザのような場合には、移動を大幅に制限しても成り立つ「セル型」を想定する方が現実的だろう。
  食料品、生活用品などの地域単位の非常供給システムが成り立つような地産地消ネットワークや冷凍、フリーズドライ食品の備蓄あるいは在庫管理なども進めなければならない。そして、不幸ながら大発生時には各地で死者も出るだろう。どのように、死者を葬るのか、などあらゆる局面で、セル単位でスムースに対応できるような危機管理体制が構築され、マニュアル化され周知されていることが必要と考えている。
  今回の貴重な経験を「手抜き」「骨抜き」にしないで、経済性と安全を両立し社会機能が維持できる「危機管理」を論議してほしいものだ。
[PR]

by PHILIA-kyoto | 2009-05-19 10:50 | 危機管理と災害